野生動物の暮らし

ハクビシン駆除の依頼

野生動物の中には、人間の生活圏に侵入して度々問題を引き起こす厄介な存在がいます。そうした野生動物は害獣として、人間の生活を守るためにやむを得ず駆除される場合もあります。ハクビシンもそうした害獣の一種です。ハクビシンは元々は日本に生息していなかった動物でしたが、大陸から毛皮を利用する目的で輸入されて飼育されていた個体が脱走して、いつの間にか野生化してしまった動物です。ハクビシンは身軽なため、住宅の内部に侵入して営巣する場合もあります。こうなるとハクビシン駆除の専門業者に依頼して、駆除してもらわなければなりません。ハクビシン駆除の相談は年々増加しているため、害獣駆除を標榜する業者であれば大体の業者で対応してくれます。

駆除依頼、人気の理由

ハクビシン駆除の相談は年々増加しており、都市部においてその傾向は顕著です。ハクビシンにとって人間の生活する都市は天敵がいませんし、公園などを始めとして意外と緑も多いなど、非常に住みやすい環境なため、大繁殖しているのです。ハクビシンは見た目としては猫ぐらいの大きさで、それなりにかわいらしい顔をしています。しかし性格は非常に狂暴であり、場合によっては人間やペットに危害を加える可能性もあります。また、住宅に営巣されると、様々な被害をもたらします。屋根裏や壁裏を動き回られることによって、騒音被害に悩まされたり、糞尿による悪臭被害もあります。厄介な存在であるハクビシンですが、先述した凶暴さから素人が手出しをするのは危険です。そうしたことから駆除業者によるハクビシン駆除へ、人気を集めています。