害獣の一種

ハクビシン駆除の方法について

ハクビシンは、体長が60センチ、体重は7キロぐらいが平均です。基本的に夜行性であり、電信柱などにも登り、また電線を渡ったりする脚力を持っています。ハクビシン駆除をしなければ、衛生面の面からダニ等が発生する二次被害も考えられます。こうしたことから早期のハクビシン駆除が求められます。駆除の方法としましては、追い出す方法と、捕獲する方法の2種類があります。追い出す方法としては、進入口をまずは見つけ出して、煙などを炊いて、追い出します。その後進入口を防いでしまえば、二度とハクビシンは入ってこなくなります。このように、計画を立ててハクビシン駆除を行うと良いでしょう。

駆除の利用の仕方とは

ハクビシン駆除については、追い出す方法もありますが、捕獲することもできます。しかしながら、捕獲する場合は、居住されている場所の市町村への申請が必要となってきます。取り扱う担当課としては農林課と言うところが主に担当していることが多くなっています。この申請をしておけば、捕獲することができます。また捕獲に係る罠や、材料のカゴなども貸し出ししていますので、ぜひ利用してください。罠を活用される場合は、やはり進入口をわかっておく必要があり、その周辺に設置することになります。もし罠やカゴにハクビシンがかかれば、自分で処理するのも良いですが、怪我をすると大変です。市町村に連絡すれば、担当者が来てくれますので、このような手法をとりましょう。